beatriceシリーズで最初に買うべきeaはどれ?

beatriceというEAを知り、その開発スタンスと技術力の高さに感銘を受け、早一週間。

気がつけばDELTA2とSIGMA1を購入して、アキシオリーで実運用を開始しています。

 

事前にリサーチをして、自分が求める基準を満たすEAを絞り込んだつもりでいても、実際に稼働をさせてみると、見えていなかった事が多々わかってきます。

 

今回はこれからbeatriceシリーズをゴゴジャンで購入しようと考えている方へ、この製品の良いところと悪いところを整理してお伝えしていきます。

 

beatriceシリーズを実際に使ってわかった事

 

beatriceを使いはじめてわかった事は、このシリーズはエントリーのロジックはほぼ同じで、持つポジション数と手仕舞いのロジックだけが違うということです。

 

delta2とsigma1であれば、同じタイミングで同じ方向にポジションを持っていきますし、riseやadx01も同じ方向にポジションを持っている事が今の所多い。

 

 

 

 

という事は、どういう事が起きるかというと、beatriceシリーズでポートフォリオを組んでもリスク分散にはならないという事です。

勝つ時はものすごく勝つが、負ける時は連続して負け続ける。

 

beatriceシリーズはスイングトレードをするため、勝率は低めです。

なので小さな負けを受け入れながら、たまに来る大勝で資産を増やすという考え方で動かさないといけません。

そうしないとロット配分をミスってマージンコールを食らったり、損失が膨らんで自動売買を続けられなくなってしまいます。

 

そしてポジションの保有期間が長いbeatriceシリーズを動かすに当たり、証拠金維持率を保持するためにも短期売買のシステムを組み合わせていく事。

これをやらないとbeatriceシリーズが負けている時に資産を増やす術が失われるため、自動売買を続ける気力が失われてしまいます。

 

結局adx01が長期稼働の実績があるとは言え、負ける時には3ヶ月連続で平気で負けたりするわけです。

しかも微損で終わればいいのですが、1000pips超えで損失を出したり、数百pips単位の負けを平気でしてくる。

 

そんなEAをずっと動かし続けることがあなた出来ますか?

殆どの人は無理だと思います。

 

だから製作者もEA制作を続けて、自分だけで使わずにEA販売で儲けているのではないでしょうか。

beatriceシリーズは約定拒否やスリッページの影響を受けにくいシステムですが、長期稼働をさせるためには、強靭なメンタルが求められます。

 

心理不可を落とすためにはロット配分を落として、小ロット運用すればいいのですが、それだと資産が増えていきません。

購入に数万円かかるbeatriceシリーズの初期投資を回収するには、ある程度の資金とロット配分がないと黒字に出来ません。

 

無料EAからはじめて、余剰資金でSIGMA1かDELTA2を買えばいい

 

EAに2万円とか3万円とか払うお金があるなら、まずはそのお金をEAバンクやトレプロに入れて無料で自動売買をスタートさせたほうがいいです。

人気のあるEAは定期的に値段が上がっていきますが、勝てるEAならいくら払ってでも手に入れたいわけであり、値上げしますと煽ってくる販売者に翻弄される必要はありません。

 

じっくりと長期稼働と、負けてしまう期間、ドローダウンの幅を見極めてから、導入に踏み切りましょう。

 

最初に買うべきbeatriceシリーズはどれがいいか?

これに関してはシングルポジションでリスク管理がしやすいSIGMA1かDELTA2がいいと思います。

 

この記事を書いている時点ではDELTA2のほうが成績が良いので、まず第一にDELTA2を検討する。

そして資金が増えたり、口座を分けて運用する余裕が出てきたら、複数ポジションを持つRISE1やADX01の導入を考えればよいです。

 

ゴゴジャンには成績が良いEAがありますが、どれも長期稼働成績を分析すると、数ヶ月単位で平気で負けてたりします。

実運用におけるメンタル不可まで考慮して設計されているEAがまだまだ少ないのが実情です。

 

続けられない、ロットを上げられない。

こういった問題が起きてしまわないように、足元を固める事を意識して、自動売買に取り組んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました