ポンスキャことぽんすけさんのEAについて。成績を上げる裏技

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Twitterでタイムラインを見ていたら、ポンスキャというEAを可動させている人が結構いることに気が付きました。

 

 

 

気になったので調べてみた所、XMで口座開設をすると使えるようになる、無料EAの模様。

 

 

こちらのEA作者の方がmyfxbookで成績を公開されているのですが、まずまずの成績で推移しています。

 

 

上がFXPROの口座で、もう一つがXMの口座です。

 

XMで口座開設しないと使わせないというルールな時点で、使う気が失せましたが、なんとかこの状況を改善できないか調べました。

 

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

可動するシステムや通貨を絞ると成績は安定する

 

myfxbookでは公開されている成績の通貨ペアやEAを指定して成績を分析することが出来ます。

やり方は簡単でCustome Analysisというところをクリックして、通貨シンボルやEAのマジックをチェックして、Analyzeをクリックするだけです。

これで指定した条件の成績が表示されるようになります。

 

分析対象をユーロドルにしてみると、月単位のマイナスが1月と3月の二月だけになり、プロフィットファクターが上昇しました。

 

 

ただ、成績は安定するものの、総獲得pipsは大幅に減ってしまいました。

 

次にドル円とユーロドルの2つで計測をやると、獲得pipsは上昇し、月単位の成績も負けが2月のみと安定したままでした。

 

 

ユーロドル、ドル円に加えて、ポンドドルを入れると獲得pipsは減少、成績も悪化しました。

 

myfxbookではこんな感じで、分析が簡単に出来るので、ポンスキャを使いたいと思っている方は分析してみて下さい。

 

ポンスキャのために口座開設をする価値はあるのか?

 

成績がプラスで推移している以上、利用する価値は十分にありと言えそうですが、個人的にはあまりこのシステムは好きになれません。

 

製作者が公開しているmyfxbookの成績は、獲得pipsは公開されていますが、ロット数や実際の収益額については公開をされていないからです。

そして口座開設として指定されてる業者がXMなのも気に入りません。

 

XMのリアル口座で成績は出ているものの、2ヶ月連続マイナスとか平気でありますし、負けてる間も取引手数料がぽんすけさんには支払われている。

 

同じ口座縛りの条件でもKHS3000なら月単位の負けは1回だけ。

しかもポンスキャと異なり、1%に満たない負け幅です。

それ以外の月は安定して勝っており、成績が良いときには10%を超える成績を残している。

 

一方でポンスキャは条件の悪いXM使わせておいて、平気で2ヶ月連続で負ける。

公開されている情報が不完全であり、細かい精査ができない。

(どれだけロットを使うのか不明)

 

2つのシステムを並べられた時に選ぶのはKHSが先だろうな…と考えます。

 

ポンスキャ以外にも無料で使えるEAはいくつかありますが、KHSレベルで情報の透明さを保持できている所は皆無です。

無料EAは低い負担で収益を得られる可能性を提供してくれるものですが、タダならなんでもいいというわけではありません。

 

しっかりと見極めて資産配分をしていくようにしましょう。

 

KHS3000とは?なぜ無料EAとして提供できるのか?
[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true" /][contact-field label="ウェブサイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]