forexさんYou Tube出演。論点を勝手に要約してみた

FX自動売買初心者 FX自動売買
3月24日:シグナルトレードファクトリー

こんにちは、凍結FX管理人(@viqaxapezory)です。

 

Twitterをやっている方はご存知かもしれませんが、EAだけで年間収益1000万以上を継続して出しているforexさんがラジオNikkeiに出演されました。

 

めちゃくちゃ勉強になることをたくさん伝えてくれているので、一度は見ること推奨です。

EA界隈でこの事をブログにまとめている方が見当たらなかったので、何度か映像を見直して勉強になったポイントをまとめていきたいと思います。

EA(自動売買)のメリット

forexさんが出演するのは後半31分以降です。

前半は関係ない内容が続くので飛ばしてしまってOK。

最初はforexさんが自動売買を始めた経緯からスタートし、具体的なノウハウとしては36分頃からスタート。

 

一番最初のスライドではEAを使うメリットが解説をされます。

健康状態や感情に左右されない
時間的メリット(パソコンの前に張り付かなくていい)
再現性(同じEAを使えば同等の結果が再現される)
資金管理をプログラムに計算させて任せる事ができる

健康状態や感情に左右されない

人間の集中力やモチベーション、感情の起伏には波があります。
常に一定の水準、品質が担保されるわけではない。
EAにトレードをさせることで、人間の強みであり、弱みでもある感情を廃城することが出来る

時間的メリット

僕が自動売買の世界に入った理由は、他の事業(ビジネス)に集中をしながら資産を運用できる手段を手にしたいと思ったからです。
トレーダーという職業もダメではないのですが、強靭な精神力と反射神経が求められる仕事だと考えており、現役でいられる期間には上限があると感じました。
元々投資はインデックス投資からスタートしたこともあり、まったりと運用していくのが性に合うタイプです。
なので、画面の前に張り付いてトレードをするデイトレや、決算資料や株価の動きを定期的に追いかけるやり方は、他のビジネスを実戦しながら取り組むのは難しいと考えました。
EAであれば1日にチェックする時間は数分〜10分前後でOKなので、こういった問題が解決されます。
そして浮いた時間で自分のQOLや成長を高めるために活動をすることが出来ます。

再現性

センスがあるから勝てる。上達するまで何年も練習が必要。
投資で勝ってる方を見ていくと、そういった方が多かったです。
もちろん勝つために努力をするのは当たり前なのですが、再現性が低いやり方に挑戦をしてしまうと、挫折率が高まります。
EAであればこういった問題を解決し、初心者でも結果を出せる可能性があります。

資金管理

FXで勝つために必須と言われる資金管理を自己流ではなくプログラムに任せることで、この問題を一瞬で解決します。

適切なブローカーを選ぶ

41分頃よりブローカー選びについての解説をされています。

forexさん的は海外よりも国内の業者推し。

信託保全やスプレッド条件が良いことが理由で、過去に約定拒否や出金拒否を受けた経験がある事から、このような考えに至ったそう。

適切なEAを選ぶ

52分あたりから。

ナンピン系は避ける
バックテストのスプレッドが開発者の誠意
滞空時間が短いものを選べ
早朝スキャルやブレイクアウト系は不安定で環境依存が激しい

実際に利用しないとわからない金言が散りばめられていると思います。

ナンピン系は避ける

これは言うまでもないですね。

小さな利益を積み重ねて最後にすべての利益と証拠金をマイナスにして破綻する。

それがナンピンマーチンゲールです。

麻薬だと思ったほうが良い。

バックテストのスプレッドが開発者の誠意

バックテストは絶対ではありませんが、10以下のスプレッドでBTしてる商品は警戒です。

もちろん低いスプレッドでBTしてても勝ってるEAはあるのですが、その手のEAはXMやGEMなどスプレッド条件が悪いブローカーで動かそうとすると全く通用しない可能性があります。

滞空時間が短いものを選べ

ビジネスでも資金回転率が低いビジネスより、高いビジネスのほうがお金が増える速度が早い。

小さな利益であったとしても複利の力で手持ち資金を何度も回転させたほうが、利殖するという目的では最短ルートという事です。

ポジションの保有時間が長いものよりも短いものを最初の間は選ぶようにしましょう。

市販されているEAの場合、ポジションが長時間拘束されるとかなりストレスを感じる事になります。

早朝スキャルやブレイクアウト系は不安定で環境依存が激しい

初心者が手を出すEAとして朝スキャ、ブレイクアウト系は難しいのではないかという話です。

購入しても良いのですが、環境によって差が出やすいので管理が難しい。

適切な資金管理

57分頃より。

人は自制しないとハイレバレッジになる
1回のロスが大きければ大きいほどリカバリーが難しくなる
1つのEAあたりの最大損失を1〜4%程度に設定
MM機能を活用
EAは高ロットになってから真骨頂。感情排除の実現
これもよくある失敗が解説されており、勉強になります。

人は自制しないとハイレバレッジになる

海外FXを使うとレバレッジ100倍以上が当たり前なので、証拠金に対して過剰なリスクをとりがちです。
1回のミスで資金を吹き飛ばすことにそれが繋がり、リスク管理が難しくなります。
国内FXを使えばレバレッジは25倍しかないので、限られた枠と資金をどうやって活用すればいいか?を考えるようになります。

1回のロスが大きければ大きいほどリカバリーが難しくなる

SLが深めのEAやナンピンマーチンゲールなどに手を出すと、1回の失敗で致命的な傷を負うことに。
5%の損失をリカバリーするためには5.3%のリターンが必要になり、取り戻すのがどんどん難しくなります。

1つのEAあたりの最大損失を1〜4%程度に設定

BTを見ながら最大損失から逆算してロット配分を決めるという話。

MM機能を活用

EAに資金管理を任せることで、リスク管理から開放される。

EAは高ロットになってから真骨頂。感情排除の実現

僕自身は少額での運用なのでこの世界はまだわからないです。

forexさんおすすめのEA

ここが気になっている人も多いのではないでしょうか。

オーソドックスな有名EAを中心に、知る人ぞ知るマニアックなものまでバランス良く紹介をしてくれていました。

forexさんが紹介したEAを掘り下げてみていきます。

Escada

2016年10月に販売された老舗EAです。

1年以上安定して結果を出し続けるEAは殆どない中、3年以上結果を出し続けているのは凄い。

EAの動きとしてはアジア時間早朝に動く、朝スキャと呼ばれる戦略を採用しています。

VIX指数が上がると負ける傾向にあるので、常用するのではなく動かすタイミングを見極めることで収益が安定しそう。

WallStreetForexRobot

世界で最も売れたEAです。

放送を見て改めてバックテストをしてみたのですが、2020年度に入ってからの成績は良いです。

しかし直近数年は年間成績が自分の環境でバックテストするとマイナス。

forexさんはポンドルとドルカナダを稼働時間をロンドン時間までにして動かしてるとのこと。

動きが少ない所でのみ動かす事で、このEAのポテンシャルを最大限に活用できるというお話でした。

WALLSTREET FOREX ROBOTは3年の実績があるEA
こんにちは、凍結FX管理人(@viqaxapezory)です。 世界で最も売れたEAをあなたはご存知ですか? wallstreet forex robotは2011年に発売をされ、長期間の稼働実績が立証されているEAはで...

Pips miner

2000本以上売れたポンドルのスキャルピングEA。

指定したTPに達するまで放置という動きで、逆行するとストップロスにかかるまでひたすらお祈りモードに入ります。

その事からメンタル負荷が大きいEAと言われており、勝ってるけど使いこなすのが難しいEAとなります。

Panda-A、Panda-C

放送を見てこのEAを購入しましたw

滞空時間が非常に短く、荒れてる相場でも崩れることなく安定推移をしています。

SFE Price Action

 

 

 

 

 

 

 

海外で販売されているEAでWSFRと同じぐらい長い期間の稼働実績があります。

SFE Price Action システム |Myfxbook
結果は、SFE Price Action のパフォーマンス。話し合う&#30906...

販売価格は高いのですが、相場が荒れると稼ぎ出す特性が。

まとめ:note販売が待ち遠しい

内容が物凄く濃く、もっと話を聞きたいなーと思える30分でした。

中級者以上向けに用意されていたトピックも、知らないことだらけで、noteで有料販売されたら間違いなく購入したいと思えるものでした。

 

色んなEAを勝ったけど、勝てていない。

これから自動売買を始めるけど、何から勉強すればいいかわからない。

 

そんな方はforexさんが出演されている動画を見て一度勉強してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました