Forex Cyborgは3年間のリアルFW実績がある朝スキャEA

Forex Cyborg Forex Cyborg

こんにちは、凍結FX管理人(@viqaxapezory)です。

この記事ではForex CyborgというEAについてレビューをしていきたいと思います。

 

国産EAと異なり、海外EAの世界ではトレンドが次から次へと変わります。

毎月毎月新しいEAが出てくるので、その全てのEAを把握し、追いついていくのはまず不可能。

 

じゃあどうやって海外EAを探すのさ?という話ですが、僕であればランキングサイトなどから見つけてきます。

MQL5であれば人気がある順にEA一覧が表示されるし、直販で販売しているサイトも海外のランキングサイトなどを見ればある程度網羅が出来ます。

それに加えて海外フォーラムやTelegram(LINE@みたいなやつ)。

 

この辺りを使いつつ、僕は情報収集を進めております。

 

僕が巡回をしているサイトは、こちらのページにまとめていますので「コイツこんな情報をどこから引っ張ってきているんだ?」と思った方は参考にしてみて下さい。

出し惜しみなどは一切せず、全て公開していますので。

自動売買厳選リンク集
自動売買の運用や開発に有益なリンク集です。 海外フォーラム EA開発 EA運用 海外EA 海外FX業者選定

 

さて話を戻しまして、今回はForex Cyborgについてです。

 

結論から書くと、別に買わなくてもいいんじゃないかな?と本音では思っていますので、

朝スキャが好き
朝スキャEAを探していて候補となる商品を知りたい
スキャルピングこそ至高

といった方以外はスルーで良いかと。

 

凍結FX
凍結FX

SEOを上げるために書いた。反省はしていない

 

それでは、はじめていきましょう!

Forex Cyborg特徴

戦略:朝スキャ

通貨ペア:AUDCAD、AUDCHF、AUDNZD、AUDUSD、CADCHF、CHFJPY、EURAUD、EURCAD、EURCHF、EURGBP、ERUJPY、EURUSD、EURNZD、GBPAUD、GBPCAD、GBPCHF、GBPUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY、

使用タイムフレーム:15分足

バックテスト結果

バックテストの結果を見ていきます。

TDSにて作成をした信頼性99%のBT結果になっている事に注目です。

AUDCAD

AUDCHF

AUDNZD

AUDUSD

CADCHF

CHFJPY

EURAUD

EURCAD

EURCHF

EURGBP

EURUSD

EURNZD

GBPAUD

GBPCAD

GBPCHF

GBPUSD

USDCAD

USDCHF

USDJPY

 

18通貨ポートフォリオ合成

QAで18通貨のBTを合成した結果です。

2010年からのBTにて年単位の負けなし。

苦手な月、曜日、時間帯なし。

2ヶ月以上連続して負ける事もなしです。

日本のEAを見慣れている方からすると驚愕の世界だと思います。

myfxbook

リスク設定を変えた複数のFWテストが用意されています。

驚くべきことにこれらの口座は全てリアル口座

日本のEA販売ではまず見ることが出来ない体制です。

21,461pips獲得

2019年より計測開始したアカウントで、最も多くの利益を出している口座となります。

3,646pips獲得

2018年よりローリスク設定で動かしている口座。

5,220pips獲得

2017年より稼働している口座。

フォワード結果からわかるForex Cyborgの傾向

このパートではリアルフォワードの結果を踏まえて見えてきた、Forex Cyborgについて考察をします。

18通貨全ての成績が良いわけではなく、苦手なペアがある

18通貨対応に対応していますが、全てのEAで成績が良いわけではありません。

EURGBP、GBPUSD、GBPCHF、USDCHFなどは苦戦をしています。

握力は強め

2時間以内にトレードが終わる事が多いですが、逆行をすると日を跨いでポジションを持つことがあります。

数日間朝スキャのEAでポジションを保有されると、かなりのメンタル負荷になる事が予想されます。

利益と損失のバランスが良い

この記事を書いている時点での平均獲得pipsは8.93。これに対して損失は-13.34pips。

コツドカになりがちなスキャルピングでこの成績はまずまずの安定感と言えるのではないでしょうか。

長期稼働でPF1.2台と堅実な推移

極端に高いPFで推移しているEAはどこかしらのタイミングで致命的なDDを引き起こして再起不能になるケースが多いです。

Forex Cyborgのプロフィットファクターは1.2と現実的な数字で推移しており、適度な価値と負けを繰り返しながら推移をしています。

リスク許容値によってリターンやDDをコントロールできる

設定を変更することでリスクをコントロール出来ます。

3つのFWでリターンが異なることからもこの傾向は明らか。

BTと同じ推移を3年間実績として残せている

バックテストと実際の運用結果が同じにならない。実際の所そういうEAばかりですよね。

Forex Cyborgは収支をプラスにしながら低いDDで推移することに成功しているEAです。

 

朝スキャであるため、どうしても一定ごとに大きめのDDは避けられませんが、それでも全体を通してみた時に良い結果を残していると言えます。

ニュースフィルターは搭載されていない

ニュースフィルターが搭載されていません。

ニュースフィルター事態は技術的には2012年頃からあったので、朝スキャEAで搭載しない理由はないと思うんですよね。

完全に技術の問題であり、指標フィルターを搭載しないのは開発側の怠慢。

キャッシュレス決済を導入していない個人商店みたい。

Forex Cyborg価格について

一つの口座で使えるゴールドと、3つの口座で利用できるプレミアムが販売されています。

ゴールドは499.99ユーロと日本円で6万円弱です。

プレミアムの方は599.99ユーロであり、日本円で7万円弱の価格。

 

どちらの商品も購入から30日以内であれば返金を受けることが出来ます。

まとめ:成績は申し分ないが人を選ぶ

直販サイトにて販売。

30日間の返金保証付き。

3年間のリアル口座FWあり。

 

完璧な条件が整っているように見えますが、僕であればこのEAはスルーします。

 

その理由として、朝スキャなのにポジション保有期間が長すぎるというのがあります。

 

イメージが持ちにくい方は、pips minerが複数の通貨で数日に渡って大きな含み損を握っている状態をイメージして下さい。

 

精神的に相当辛くないですか?

僕が言いたいのは、そういう事なんです。

 

スキャルピングという以上、トレードは数時間以内に終えるべきであり、日を超えてホールドしているなら、もうすればスイングトレードですよね。

戦略としてポジションを持ってからその優位性が続く期間というのは限られています。

その日の朝に持ったポジションが、次の日やその次の日まで続くなんてありえない。

 

もちろんこれは僕自身の考えであり、FWの結果や価格の妥当性(対応ペア数を考えれば安い)を考慮して導入するという考え方もありだと思います。

 

このEAが販売された当初であれば感動をしたであろうスペックも、EAが飛躍的な成長を強いられた2019年以降となっては古さを感じる。

とはいえ、SNSにいる怪しい人からEAを数十万で購入したり、量産系開発者から机上の空論EAを掴まされるのと比べれば全然マシなレベル。

このEAを導入して運用していますという人がいても全く驚かない。

 

実運用すればわかることですが、EAを信じ切るのはとても難しいです。

ずっと運用していればプラス。

 

結果だけを見ればそうなのかもしれませんが、運用しているときには目線が短期的になるので、長い目で物事を見ることが出来ません。

 

やはりある程度の時間が経過したら収支に関係なく切ってくれる仕様になっている方が、朝スキャEAとしては安心感があります。

ポジって逆行したら祈るだけ。

 

自分がどういう状況になったら苦痛を感じるのか?

ここをクリアにしてEAを選ぶようにしていくと(初心者には難しい)、納得できるEAを選ぶことが出来るようになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました