NightVision EA【1年のリアルFW】実績はあるが‥

NightVision EA NightVision EA

こんにちは、凍結FX管理人(@viqaxapezory)です。

 

先日Twitterにて、このようなアンケートを取りました。

どういったEAに需要があるか知りたいと思いアンケートを募集。

21人の方が回答を下さり、FW実績があるMQL5のEAの情報を求める声が多かったです。

 

この機能はとても便利なので、今後も不定期で募集していく予定です。

回答してくださった方、ありがとうございました。

 

さて、FW実績があるEAですが、作者と英語で意思疎通をしなければいけないデメリットを受け入れて導入する場合、日本国内よりも長い実績があったほうが良いと考えています。

 

具体的には最低でも1年以上のリアル口座でのFW実績がないと話にならない。

この条件を満たすEAに絞ってまずは紹介です。

 

国内のEAに関しては、半年ぐらい動きを見るとボロが出てくるので、最低半年ほどFWの経過を見る。

こちらも作者がリアル口座での実績を公開しているEA以外はフルシカトで見ていきます。

 

凍結FX
凍結FX

基準を満たしたEAだけを紹介

 

まずは海外EAから紹介し、その後国産EA(ゴゴジャン)も紹介。

その後、海外でFW実績があるナンピンマーチンゲールの紹介をしていきます。

 

ナンピンマーチンゲールに関しては、個人的には否定派なのですが、数年に渡ってリアル口座で実績が出ているものがあるので、結果が出ているものに限って紹介。

 

今回は実績としては1年弱程ですが朝スキャEAとして結果を残している、NightVision EAを紹介します。

NightVision EA特徴

戦略:朝スキャ(アメリカ時間終了間際)

通貨ペア:GBPUSD, GBPCAD, USDCAD, GBPAUD, EURAUD, EURCAD, EURGBP, GBPCHF, EURUSD, USDCHF, NZDUSD, EURNZD, USDJPY

使用タイムフレーム:15分足

myfxbook

2つのリアル口座が用意されています。

両方ともリアル口座ですが、スプレッドの影響や、口座間で差が生まれやすい結果となっています。

フォワードから見える傾向

このパートではフォワードから見えてくる傾向について考察をします。

スプレッドにかなりシビア

ECN口座と一般の口座成績を比較すると、その傾向は明らか。

作者と同じIC Marketで運用をすれば、近い成績が出せるかもしれない。

SLはかなり深め

一撃で200pips以上沈むことがある。

好調だからといって調子に乗ってハイレバにした瞬間やられるパターン。

朝スキャはこれがあるから手放しにオススメが出来ません。

勝ってる時は調子がいいが、一度の負けでそれまでの利益を全て吐き出すことがある。

逆行すると祈って数日保有する

思惑通りに動くと数十分で手仕舞うのですが、逆行すると日を跨いでポジションを保有することがあります。

EA開発者の方ともよく話すのですが、エントリーを作るよりもエグジットを作り込むほうが難しいです。

 

運用する側の心理としては、ダラダラとホールドされるとストレスでしかありませんし、適度に負けてトータルでプラスになっていくEAの方が続けやすいです。

EAを販売する側としても利用する人が増えたほうが良い評判として広がっていくわけであり、エグジットに力を入れない理由はない。

 

日本のEAはこの辺りに気がついて、工夫をされるものが最近は増えてきたように感じます。

公式のFWやバックテストとの差が出やすい

スプレッドの影響を受けやすく、業者間でトレードの差異が発生しやすい作りです。

バックテストとの乖離感はどうしても否めません。

指標フィルターやVIX対策はなし

ニュースフィルターや恐怖指数対策はされていません。

近年発売されたEAとしては時代遅れ感のある仕様です。

NightVision EAを購入された方の声

利益に対して損失が大きく、現時点では損失7%になっている。市場にはこのEAよりも安価で質の高いスキャルピングEAがある。判断するのは時期尚早かもしれないが、コスパが悪いEA。

2020年の3月にライブテストの多くを削除している。この作者は終わり

低スプレッドのブローカーで利用しているが、全く納得できない結果に終わっている

まとめ:FW期間が短く積極導入したいEAとは言えない

バックテストが用意されていなかったり、口座間で差異が発生していたりと、いくつかの懸念点がNightVision EAにはあります。

 

販売が開始されたのが2019年の3月。

この記事を書いている時点での販売価格は299ドルなので、実績に対して価格が高すぎる印象です。

 

現時点では1年弱のFW結果があり、この記事を書いている時点ではプラスで推移をしています。

今後リアル口座でのFWが2年、3年と安定して続くようであれば、購入を検討してもいいのではないでしょうか。

 

デモ口座での稼働に関しては無料であるため、興味のある方はデモ版からスタートをして動きを見ていくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました